スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキパッドのメンテナンス

2011.04.26

ブレーキパッドのメンテナンス

下の表がブレーキパッドの交換履歴だ。

交換表
※表が良く見えない場合はクリックしてください。

一回目のブレーキパッドの交換は、オーナーズマニュアル通りパッドの摩耗限界ラインで交換した。
交換距離が6500kmだったのにはショックだった、何でタイヤよりも先にブレーキパッドを交換しなくてはならないのか、今まで乗ってきた二輪車や四輪車の中では最短距離だ。

ブレーキパッドの摩耗は走行条件でかなり変化をする、当然ブレーキを使わなければブレーキパッドは摩耗しない、そうは言ってもブレーキを使わないわけにはいかない。
このような話がある、乗り物を速く走らせるために一番重要な部品は何か?
質問に対する答えは「ブレーキ」だ。
馬力のあるエンジンを積んで300km/h以上のスピードが出せても、安全に止まることが出来なければただの暴走する凶器だ。

FSOCのメンバーの方々にどの位でブレーキパッドを交換しているのか聞いたところ、だいたいの人は15000km以上走行していた。
信号停止の時に遙か手前からエンジンブレーキを用いて減速し停止線のすぐ手前でブレーキを掛けて止まる、これを行えばきっと交換までの走行距離は延びる、しかし私にはどうもこのような走り方が出来ない、
ついつい走行中の速度からブレーキングで止まれる最短距離までアクセルを戻すことが出来ず、後はブレーキのみで止まる、これではブレーキパッドの減りも早いかもしれない。

最初の2回は純正品に交換した、一回目以降の交換時は摩耗限界ラインを無視したので交換距離は長くなった、リヤについては最初の二回は摩耗限界まで減っては居なかったが交換時期を逸するのが嫌で同時に交換した。
フロントパッドの3回目の交換は、気分を変えてDaytonaにしてみた、このときにはリヤパッドは交換しなかったので4回目の交換まで14410km走行できた。このとき交換したのはDaytonのハイパーパッドだ、Daytonaはたったの5350kmしか走行することが出来なかった。

4回目の交換はフロントのディスクも一緒に交換した、フロント廻りの雰囲気を少し変えてみたくなりディスクはデイトナのウェーブディスクにしてみた、ブレーキパッドは少し高かったがFERODOにしてみた。

パッド&ディスク

交換から現在11100km走行して今まさに交換時期を迎えようとしている、FERODOの効きはよい割にフロントパッドは今までで一番長くもった、ただリヤもそろそろ交換時期なのでリヤパッドの保ちは短いようだ。FERODOに対してはブレーキのきき味も良いし耐久性も高いので次回の交換もFERODOにしたいと思います。
ブレーキ交換も全部自分で行ってきましたので、次回交換時は交換手法についてUPしたいと思います。

次回はタイヤについて書きます。
スポンサーサイト

祝 40000km

2011.04.14

やっと走行40000kmを達成した。

40000km


2004年6月18日に新車にて購入したので約7年間掛かった。
7年間の年度ごとの走行距離は以下の通りだ。

1年目:4777.7km
2年目:6081.2km
3年目:6188.6km
4年目:7600.7km
5年目:3202.2km
6年目:7013.6km
7年目:4486.2km

購入の目的は主に通勤に使う予定だったので、安価でギヤチェンジを必要とせず乗りやすい「フォーサイト」を選択した、250cc有れば高速道路を使ったツーリングにも行けるし、なんと言っても車検がないのが魅力的だ。
1年目は通勤のみに使っていたのと1ヶ月間の長期出張により距離が伸びなかった。
2・3年目は年に一回程度のツーリングのため6000km台だった。
4年目はFSOCの会員となり第3回全国大会や各イベントツーリングに積極的に参加したため走行距離が格段と増した。
5年目は、海外出張が増え日本にいないことが多くなり走行距離が減った。


メンテナンスは基本的には自分で行うこととしてきた、ここから数回掛けて皆様のメンテナンスのご参考になればと思い内容について書きます。

今回は、燃費について書きます。
下の表が経過日数に対する走行距離と燃費だ。

燃費グラフ


総平均燃費:24.0km/㍑
最高燃費 :31.9km/㍑
最低燃費 :21.4km/㍑
下側に突き抜けている燃費は、女房が自動車でガス欠をしたときにフォーサイトから給油をしたためだ。

平均燃費が** km/?と今一なのは、通勤が東京都内から埼玉県に向かっていくため信号によるGO-STOPが多く、ついつい信号で先頭に立ち車の集団を振り切ってしまうためだと思う。

最高燃費は2010年の夏に伊良湖岬へソロツーに行ったときに、国道1号線を一定速で流しているときに記録した、ツーリングに行くと30km/?前後の燃費を記録するのでいかに通勤時にスロットルの開け閉めを行っているかが伺える。

次回はブレーキパットについてです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。